レーニンとは

一触即発、掴みあいの喧嘩になりそうな険悪な「ますや旅館」の広間に突然爆笑が起こる。ちとピントはずれなのが一人、乱戦に割り込み、自社の権益を主張し始めたからだ。「警察はですねえ、我が社の締切り時間のことも少しは考えて発表の段取りを決めてほしいですねえ」目を血走らせ、殺気立って激論を交していた記者たちが一斉にその男を見る。「お宅、どこ?」と誰かが訊ねる。するとその発言者はある知識人向けの月刊誌の社名を言う。

一重一重(しわ)に雛で囲まれた大きな目を真っ赤にして、私をじっと見つめてきました。さらにイタコさんの話になったとき、私が、霊魂が本当にあるものだと決めてかかって話を聞くと、良くないになることもありますよ、という意味のことを言うと、旦那さん「ああ、そうです。その通りです、和尚さん。でもね、わらにもすがる思いで来ている者もおるんです。私はここに来て、死んだ者に会えるような気がしているんです」せと、咳きこむような勢いで言うのです。

このため住民側は七八年秋には和解して訴訟を取下げ、業者側は八一年ごろまで「養殖まがい」の事業を続け、事態はいったん収まったかに見えた。19第一章上を向いてところが八三年になって、許可の対象となっていない金属類などが続々と運び込まれるようになった。シュレッダーダスト(自動車破砕くず)に廃油をかけて野焼きし、立ちのぼる黒煙は悪臭を放ち、島の人たちは瑞息などの原因になると心配した。

決して国民の立場に立つことなく、傘下の業界や団体の立場に立つょうになってしまっている。また定年が五五歳と若いため、自分たちのための天下り先の確保や権益、省益の確保に夢中になり、先進国の中では珍しく腐敗したものになっている。行政指導という違法行為を平気でやる一方、国会議員の手先となってパーティ券の購入先を蝿臆したりするおべんちゃらもいとわない。そして自分たちの勢力を国会にまで伸ばすために、省をあげてOBを議員に仕立て上げる。

したがって、この先数十年の中心的紛争は、新しい脱近代社会(まだ十分に形成されておらず、はっきりと認識されてもいないが)と、旧来の近代文明だけではなく前近代文明までをも守ろうとz87第2章新世界の「三層からなる秩序(トライ・オーダー)」腐心する、世界の政治・経済エリートとの間で行なわれる。不幸なことではあるが、世紀の曲がり角にきている今日、現代の政治指導者たちの中には、この壮大な文明のドラマの持つ意味を、そしてまた、その中では自分たちが端役でしかないことを、理解している人がほとんどいないのだ。

十二月とはうって変わって、一月は平穏無事な日が続いた。それでも僕にとっては十分に忙しかったが、少なくとも腰を落ち着けて仕事をすることができた。この時期、僕が担当していた患者は皆、小康状態にあったし、新しく担当となった新入院の患者にもそれほど重症の人はいなかった。たまにはこんな時期があってもよい。毎朝八時になると、デイルームで患者たちのささやかな朝食会が始まる。

鰯患者にいちばん近い医者その結果、Dさんはマスクで酸素投与され、腕と脚の二か所に確保した点滴ラインを通し、何種類もの薬品が静脈内に注入され、尿が持続的に排出できるよう勝耽にはカテーテルが留置された。もちろん、心電図がモニター・テレビで監視できるよう、胸には何枚ものシールと機械が取りつけてある。処置の甲斐あって、Dさんはとりあえず危篤状態からは脱した